×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

FX取引の証拠金について/2010年04月21日更新
╂───────┘
┃ ┛

FX取引の証拠金について


FX(外国為替証拠金取引)がどのように行われているのかについて、FX初心者に分かるように5回にわたって説明して行きたいと思います。 FX取引では最初に証拠金をFX取引業者に預けることによって取引が開始されます。 外貨預金や外貨MMFのように取引金額の全てを自己資金でまかなうのではなく、一種の担保のような資金をFX業者に預けて取引を行うのです。 証拠金の額は、最低1万円、一般的には10万円くらいが相場のようです。 この証拠金に対してレバレッジをかけることで、預けた証拠金の10倍から最高200倍までの取引が可能になります。 レバレッジの倍率は業者によって異なりますが、最高レベルで見ると、10万円の証拠金に対して最高2000万円の取引が行えることになるわけです。 この点がFXの魅力でもある訳ですが、FX初心者の場合はいきなり高いレバレッジをかけてしまうと、当然応分のリスクも負わねばならないですから、最初は10倍程度の低いレバレッジで練習してみて、FX取引の概要をつかむことから始めるのが得策です。 慣れて来て、FX初心者を卒業する頃になったらレバレッジの率を上げて行けば、より多くの額の取引が可能になります。 なぜ、このような仕組みになっているのかというと、為替レートは一般的には変動率が小さいので、特にキャピタルゲイン(為替差益)で儲ける場合には相当数の資金がなければ、大きな儲けが出ないからなんです。 相当数の資金を自己資金でまかなうとなれば、FXを始められる人はぐんと減ってしまいます。 それで一種の信用取引きのような形で証拠金を預け、レバレッジをかけることによって、FX初心者に対する敷居を低くしているんですね。


mpma.jp
lzh.dk/aial/申\込
そくあい
viferoll(バイフェロール)で早漏防止
父の任意整理についての質問



(C)FX取引の証拠金について┃
┌───────╂